明治末期、ひときわ輝く才能を示しながら、貧困と失意の中、26歳で早世した歌人・石川啄木(いしかわ・たくぼく)。彼を生涯にわたり経済的・精神的に支えたのは日本を代表する言語学者・金田一京助(きんだいち・きょうすけ)でした。「模範的な友情」と称えられることもある二人の友情とは、どのようなものだったのでしょうか。

石川啄木

石川啄木(いしかわ・たくぼく)

明治19年、現在の岩手県盛岡市に生まれる。本名は一(はじめ)。身体が弱く、二姉一妹の間にあってわがままいっぱいに育ったという。
その一方で、神童と称される幼年期であった。盛岡尋常中学校を突然退学し上京したが、病に倒れ帰郷を余儀なくされる。その後19歳で結婚、小学校の代用教員などを経験する。
明治41年、東京に戻り金田一京助から生活の援助を受けながら、「東海の小島の・・・」など、後に評価される歌を作り「明星」に発表した。
明治43年には第一歌集『一握の砂』を刊行。しかし、この頃から病魔が啄木の身体を蝕み、明治45年に26歳の若さで死去。
第二歌集の『悲しき玩具』が世に出たのは、その2か月後であった。

天才歌人・石川啄木の実像 天才歌人?生活破綻者?石川啄木が酌み交わした「友情のビール」とは。

たはむれに母を背負ひて
そのあまり軽(かろ)きに泣きて
三歩あゆまず

(現代語訳)ふざけて母をおぶってみたが そのあまりの軽さに涙がこぼれ 三歩も歩けなかった

明治を代表する歌人・石川啄木の著名な短歌です。
日常生活で使う平易な言葉で詠まれた啄木の歌には、日本の原風景を思い起こさせる親しみやすさがあります。また、啄木自身の人間性については、これもよく知られる次の歌などを通じて、親孝行で勤勉な好青年というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

はたらけど
はたらけど猶わが生活(くらし)楽にならざり
ぢつと手を見る

(現代語訳)働いても 働いても 生活は楽にならない じっと自分の手を見ることだ

しかしその実像は、嘘つきで怠け者、金と女にだらしなく、あらゆる友人・知人から愛想を尽かされた生活破綻者、と酷評されることもあります。特に金銭面では病的なまでの浪費家で、死後発見された啄木自筆のメモによれば、借金の総額は1300円以上(現在の価値で1000万円以上)に及びました。では、借金まみれの中、啄木がどのように暮らしを成り立たせていたのかというと、学生時代の先輩、金田一京助の助けがあったのです。

だらしなさが招いた数々の絶縁 天才歌人?生活破綻者?石川啄木が酌み交わした「友情のビール」とは。

盛岡尋常中学校の教師・友人とともに 明治35年、盛岡尋常中学校の教師・友人とともに。前列右から2人目が石川啄木、後列右から2人目が金田一京助。この年10月、啄木は中学をやめて、一度目の上京を果たす。               
写真提供:日本近代文学館

4歳上の京助が啄木と初めて出会ったのは、明治28年、啄木が岩手県の盛岡高等小学校に入学したときでした。のちに2人とも盛岡尋常中学校へ進学し、詩や短歌が好きという共通点もあって意気投合します。

明治35年、啄木は突然中学をやめて上京しました。
翻訳か何かで稼ぎながら創作活動に専念するという決意だったようですが、その計画は無謀で、たちまち食うや食わずの生活となり、安下宿の一室で病に倒れてしまいます。
故郷の渋民(しぶたみ)村から父親が駆けつけ、連れ戻されましたが、このとき父親が1円70銭ほどの宿代を5円紙幣で支払ったところ、啄木は3円余りもあった釣り銭を宿の女中にあげてしまったそうです。

また、明治37年秋、2度目の上京を果たした際にも啄木は再び困窮生活に陥ります。
それを見かねた京助はじめ郷里の学友や先輩が生活費を貸し与えたものの、啄木は一向に返済しようとしなかったので、愛想を尽かされ、学友・先輩のほとんどが啄木と絶縁しました。

当時故郷では、幼馴染の節子との結婚話が進み、挙式の日程も決まりました。帰郷する啄木のために、与謝野鉄幹(よさの・てっかん)が餞別をかき集め、15円ほど贈りましたが、そのお金を新妻への土産としてバイオリンの購入に使ってしまいました。 さらに、故郷に帰るのが遅れに遅れ、自分の結婚式にすら参加できなかったのです。

このように度々周囲を呆れさせ、啄木を支援してくれる人はたちまちいなくなっていったのです。

啄木のために身を削る京助 天才歌人?生活破綻者?石川啄木が酌み交わした「友情のビール」とは。

啄木は故郷の渋民村でも困窮した生活を送ることとなります。
結婚式の少し前、住職だった父が金銭問題などで寺を退去したため、まだ19歳の啄木の双肩に、父母と妹の生活までのしかかることとなります。渋民尋常高等小学校の代用教員を勤めて一家を養いましたが、薄給のため苦しい生活を送ります。生活と創作の行き詰まりを打開すべく、妻子を妻の実家に預けて北海道へ渡るなどしましたが、一向に展望が開けないため、三たび東京へ出ることを決意しました。

明治41年4月、啄木は東京本郷の下宿屋・赤心館を訪ね、中学校講師を勤めながら言語学者を目指していた京助と再会します。同じ赤心館に部屋を借りた啄木はここで数々の傑作を生み出しましたが、生活力の欠如は変わることなく、生活費も下宿代もすべて京助頼みでした。しかし、京助も大学を出たての講師の給料では2人分の生活費をまかなうことはできず、自分の服を質屋に入れてまで啄木の下宿代を工面します。

どうして京助はここまでして啄木の面倒を見たのでしょうか?

京助自身の言によれば、啄木は最初から嘘をつこうとか、借金を踏み倒そうと思っているわけではない。自分ではできる、返せると思っていたのに結果としてできなかっただけなのだ。だから何とか助けてあげたいと思っていた、とのことです。
周囲を困らせながらも、子供のように無邪気な言動を繰り返す啄木が、京助は弟のように可愛かったのかもしれません。
そして、何よりも、短歌と詩の世界において、自分が及ばないほどの輝きを見せる啄木の才能を愛していたのでしょう。

一握の砂

明治43年に刊行された啄木の歌集『一握の砂』(初版時の表紙を模した復刻版)。赤心館に下宿していた頃の傑作「たはむれに母を背負ひて〜」や「はたらけどはたらけど〜」などが収められている。
写真提供:日本近代文学館

さまざまな味をもった“友情のビール” 天才歌人?生活破綻者?石川啄木が酌み交わした「友情のビール」とは。

石川啄木と金田一京助 "友情のビール"を酌み交わした直後の明治41年10月、文芸誌『明星』掲載用に撮影された石川啄木(右)と金田一京助(左)。             
写真提供:日本近代文学館
            

明治41年、啄木が上京してから4か月ほど経ったある日、下宿していた赤心館の主人から厳しく下宿代の催促を受けた京助は、言語学関係を除く自分の蔵書のほぼすべてを、ほとんど衝動的に売り払ってしまいます。そしてその金を主人に突きつけるや、次の下宿先と話をつけ、啄木に引っ越しすることを告げたのです。

その日、2人は料理屋に入り、新しい門出にビールで祝杯を挙げました。啄木との生活を守れたことに満足した京助でしたが、その心のうちは

「実を言えば、本の愛着とでもいうものがあって、このときのビールほど、さまざまな味をもったビールを飲んだことがない」

と複雑なものでした。

晩年、京助が啄木のことを語る際、この話を欠かすことはありませんでした。自分の身を切るようなつらい思いをしながらも、啄木との友情を守ることができたという思い出を、京助はいつまでも大切にしていたのです。

歴史に名を残した文豪たちの名作を、耳でも味わう

日本に残され、今なお多くの人々に愛され続ける名作の数々。
その名作の数々を豪華10名が朗読したCD全集「聞いて楽しむ日本の名作」(全16巻)をご紹介します。

石川啄木 「一握の砂」
夏目漱石 「吾輩は猫である」
川端康成 「伊豆の踊り子」
といった日本を代表する名作を始めとした、小説48作品・詩歌121作品を収録しました。

一生に一度は読みたい名作を圧巻の表現力、迫真の熱演で語った朗読でお楽しみください。

ユーキャンの通信販売限定のため
一般の書店やCDショップなどではお求めいただけません。

詳しくは今すぐこちらから

ユーキャン通販ショップトップ / 会社案内