全商品送料当社負担でお届けします。

三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

この機会にぜひお求めください。
  • 今すぐご注文の手続きへ

三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻
価格は月々
1,980×16回
分割払価格 31,680円
一回の分割払金 1,980円
支払回数 16回
支払期間 16ヶ月
一括払価格 29,800円
  • ※ 価格はすべて税込みです。
  • ※ クレジットカード決済の場合は、一括払いのみとなります。
  • ※ 郵便局・ゆうちょ銀行・コンビニ支払いの際には、払込手数料が別途かかります。
お届け時間帯のご指定可 お届け日・お届け先のご指定可
※クレジットカード決済の場合

本物の「粋」はいつでも真新しい。三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

「落語界の太陽」と称された、三代目 古今亭志ん朝。今も記憶に鮮やかな名人芸が、全12巻の決定版全集になりました。

懐かしい?いえいえ、志ん朝はいつでも新しいのです。本物の「粋」は、古びません。時を超え、世代も超えて、太陽はぱっと心を照らします。

こんな時代だからこそ、とびッきりの落語を聴いて、さァ、真新しい気持ちで参りましょう。

三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

 

落語好きなら。志ん朝を聴くなら。この全集をオススメする、理由があります。三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

特長1

待ってました!真打ち登場。
志ん朝の決定盤CD全12巻。

特長2

初CD化多数の秘蔵音源。
貴重な全753分です。

特長3

志ん朝、37歳から61歳まで。
全23夜を聴き比べ!

特長4

高品質をお約束。
あの高座が鮮やかに蘇る!

「にっかん飛切落語会」出演時の志ん朝の高座のうち、現存するすべての音源を収録。三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

「にっかん飛切落語会」とは…1974年に始まった、若手育成のための落語会。ゲスト枠で登場する真打ちによる、若手の手本になろうという緊張感と、イベントの場ならではの気楽さの間を行く、クオリティの高い高座にも定評がある。志ん朝は、全25回にわたりゲスト出演。このうち音源の残る23回分の高座が、本作に収録されている。

三代目 古今亭志ん朝

三代目 古今亭志ん朝

「ミスター落語」とも呼ばれた三代目 古今亭志ん朝は、五代目 古今亭志ん生を父に、十代目 金原亭馬生を兄に持つ落語の名門一家に生まれた。

1957年に父・志ん生に入門(前座名・朝太)すると、翌々年には二ツ目に昇進、さらにその3年後には三代目 古今亭志ん朝を襲名し、異例のスピードで真打ち昇進を果たす。寄席やホール落語で活躍する傍ら、テレビタレントとしてもマルチな才能を見せた。

2001年、63歳で逝去。早すぎる他界を惜しむ声が今なお絶えない。

あなたを笑いの旅へ誘う、極上の全23話。CD全集の収録内容三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

第一巻

第一巻

坊主の遊び

古典落語の名作の一つ!
隠居の身となった旦那だが、心はまだまだ若く、吉原に通う日々。今夜も遊郭に繰り出すが、酒癖の悪い友人に酔っ払った花魁に…と、ひどい目に合ってしまい――。
1975年3月27日

大工調べ

何度も聴きたい、江戸前啖呵!
大工の与太郎は、店賃のかたに、大切な仕事道具を家主に持って行かれてしまう。棟梁の政五郎は、与太郎を助けようと、この理不尽な仕打ちに立ち向かう。なかなか折れない家主に、政五郎は――?
1975年5月22日

第二巻

第二巻

大山詣り

想像すると笑いが止まりません。
大山への参詣は、町人たちの楽しい恒例行事。しかし江戸っ子が揃うと、喧嘩がつきもの。酒癖の悪い熊五郎は、暴れたら頭を丸めるという約束で向かった旅先で、案の定喧嘩をしてしまい――。
1976年5月27日

王子の狐

狐の慌てっぷりに大爆笑!
人を化かす狐を、反対に化かしてやろうと目論む男の噺。お誂え向きに出逢ったのは、美しい女に化けた狐。この女に酒を飲ませて、酔わせたら――?
1976年9月16日

第三巻

第三巻

黄金餅

異色作が、志ん朝節で鮮やかに!
ケチで有名な坊さん、西念が病気になった。長年溜めこんだ金が気になって死ぬに死ねずにいた西念は、なんと見舞いにもらった餅の中に金を詰め、次々に呑み込んでしまう!
1977年1月27日

鰻の幇間

志ん朝が好んだ季節のネタ。
幇間(太鼓持ち)の一八が取り入った旦那に連れて行かれた先は、汚い店構えの鰻屋。やれ風情がある、やれ味は良いと、苦しい称賛を並べる一八の前から、旦那はスルリと姿を消してしまう。取り残された一八は…?
1977年6月28日

第四巻

第四巻

錦の袈裟

人生何が起こるかわかりません。
隣町の連中が、高価なちりめんの長襦袢を揃えて吉原に繰り出した!隣町だけには負けたくない若い衆、ならば錦の褌を誂えようという相談に。しかし女房の尻に敷かれっぱなしの与太郎は…
1978年5月25日

二番煎じ

ホントは皆、好きなんですネ。
真冬の夜回りは、芯まで冷える。飲酒はご法度。でも体を温めようとひとりがこっそり燗をつけると、誰かが鍋まで持ち出して、もう酒盛りは止まらない。そんなところへ監督にきたお役人。慌てた旦那衆は――?
1978年12月21日

第五巻

第五巻

宿屋の富

夢とホラとまさかの幸運!
自分は大金持ちだとホラを吹いた男が、なけなしの金で富くじを買わされ、いよいよ一文無しに。ところがそんな男に、まさかまさかの幸運が訪れる!
1979年5月24日

鰻の幇間

◆鰻の季節・6月に志ん朝が好んで高座にかけたネタ。「にっかん」では四度演っているので、3、5、9、10巻に収録した各回を聴き比べてみてください!
1980年6月20日

第六巻

第六巻

夢金

欲張ってばかりじゃいけませんョ。
寝言でも金の話ばかり、客をとっては酒手(チップ)の無心をする、強欲な船頭。雪の降るある日のこと、金につられてとった仕事で船に乗せた二人には、ちょっとした事情があって――。
1980年11月17日

寝床

憎めない旦那の喜怒哀楽が愉快。
下手の横好きで義太夫に凝っている、大家の旦那。迷惑するのは周りの人。長屋の者を集めて聴かせようとする旦那の前から、何かと理由を付けて逃げ出してしまう。怒った旦那は、自分の義太夫が聴けない者は長屋から出ていけ!と言い放ち…
1982年12月20日

第七巻

第七巻

唐茄子屋政談

人情話の大傑作に感動!
道楽が過ぎて勘当され、身を投げようとしていた商家の若旦那。偶然助けてくれた叔父に恩義を感じて、心を入れ替えることに決める。唐茄子(カボチャ)の行商人である叔父の商売を手伝うことにした若旦那と、唐茄子を買う人々との間に、様々な人情劇が繰り広げられる――。

◆長編なので途中で切る場合も多い噺だが、志ん朝は前編にわたってたっぷりと演っている。歌声を聞かせる中盤を挟み、感動のクライマックスまで、沢山のドラマが待っている超大作。じっくりと聴き込んでください。
1983年6月15日

第八巻

第八巻

へっつい幽霊

人のサガって変えられないものです。
道具屋の店先に置いてある、古いへっつい(かまど)。買った客、買った客、なぜか誰もがすぐに返しにくる――聞けば夜中になると、へっついから幽霊が出るんだとか。これを貰い受けた熊五郎は…?
1984年6月18日

付き馬

痛快なまでの騙しっぷり!
吉原で遊んで手持ちが足りなくなった客の勘定取りに、家までついていくのが「付き馬」。ある朝、前夜に豪遊した男についていった付き馬は、朝風呂、湯豆腐と振り回され、しまいには…?
1988年4月20日

第九巻

第九巻

鰻の幇間

1985年6月17日

厩火事

夫婦の幸せの形もそれぞれ。
働き者のおさきは、近頃旦那の八五郎と喧嘩ばかり。大切なものを壊されたときの反応を見ると本当の人柄がわかる、という二つの逸話を聞き、家に帰ったおさきはさっそく…
1988年11月16日

第十巻

第十巻

蔵前駕籠

追い剥ぎもあけてビックリ。
駕籠を狙った追い剥ぎが横行していた幕末の江戸。そんな中、どうしても吉原に行きたい男は、なんと最初から剥がれる衣服を身に着けず、裸で駕籠に乗り込んだ!
1987年11月17日

鰻の幇間

1994年6月22日

第十一巻

第十一巻

坊主の遊び

◆1巻にも収録。近年ではやり手が少なく、めったに聴けない珍しいネタですが、志ん朝は「にっかん飛切落語会」で2度高座にかけています。
1996年3月12日

お見立て

滑稽な掛け合いが面白い!
お見立てとは、廓の遊女の中から相手を選ぶ制度のこと。今晩も気に入りの遊女・喜瀬川を選んだ田舎者の客だが、実は喜瀬川はこの客を嫌っている。しつこい客に若い衆は…
1997年12月25日

第十二巻

第十二巻

試し酒

酒呑噺も志ん朝の得意技。
酒が強いと評判の下男、久蔵。この久蔵が五升を飲み干せるかどうかを巡って、二人の男が賭けをする。一升、二升、三升と次々と空にして、みるみるうちに酔っていき…
1999年1月25日

芝浜

笑って泣ける、感動の人情噺。
不精者の魚屋に、突然舞い込んだ大金。これで遊んで暮らせると、すぐに酒を呑み始めてしまた夫を立ち直らせたい女房は、心を鬼にして、夫のための嘘をつく。この嘘が功を奏して…。じわりと泣けるサゲが待っている、あったかい人情噺。
1999年12月21日

 

もっと深まる!「志ん朝落語」のツウな愉しみ方。この全集のさらなる愉しみ方、お教えします。三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

その1

「鰻の幇間」を聴き比べ。

この全集には「鰻の幇間」が4回分収録されています。各々志ん朝が39歳、42歳、47歳、56歳の高座です。季節物として志ん朝自身が好んだこのネタを、あえて、カットせずにすべて収めました。30代の勢い、脂の乗った40代、50代の渋み――。同じネタで聴き比べると実によくわかります。ツウな愉しみを是非。

その2

江戸前啖呵に聴き惚れる。

志ん朝といえば、五代目 古今亭志ん生を父に持ち、駒込で生まれ育った生粋の江戸っ子。江戸前の啖呵を切らせたら、まさしく天下一品。「冗談言っちゃあいけねェよ!」「あたぼうだ!」…名台詞、それはもう次々と出てきますよ。何度でも聴き惚れてください。

その3

CD全集だからこそ。

CDで聴く落語…当然ながら、噺家の姿が見えません。あまり巧くない噺家なら、正直言いまして、退屈してしまうところ。名人・志ん朝は違います。音だけだからこそ、心は別世界へと小旅行。騙されたと思って、一度目を閉じて聴いてみてください。驚くほど鮮やかに、言葉が景色に変わります。

その4

「脱線」しちゃいました。

「にっかん飛切落語会」での志ん朝は、ほどよい緊張感と、ほどよいリラックス感の中で、高座に上がっていたと言います。つまり、ここで聴いていただけるのは、自然体の志ん朝落語。それを象徴する、ちょっとした聴きどころがあります。話が「脱線」しちゃうんです。どの噺かって?それは聴いてのお楽しみ。

その5

鑑賞ガイドを手にもう一度。

付録の鑑賞ガイド、大充実の内容でご用意しました。それぞれのネタの聴きどころをわかりやすくまとめた解説文や、柳亭市馬、古今亭志ん橋が同じ噺家ならではの視点で語る志ん朝落語など――、読んでいただいたら、ぜひもう一度、CDをお聴きください。一度目とは違った面白さにきっと出会えます。

2大付録も合わせてお届けします。三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻

付録1 特別編集 鑑賞ガイド

付録1特別編集 鑑賞ガイド

もっと深まる、志ん朝落語の世界。
志ん朝落語の魅力と、本CD全集の楽しみ方を、たっぷりと解説した鑑賞ガイドです。自身も高座に上がることもある俳優・風間杜夫、そして噺家の柳亭市馬、古今亭志ん橋の3名への、録りおろしインタビューも敢行。読みごたえ抜群の全96ページにご期待ください。
A4判 / オールカラー / 全96ページ

付録2木製収納ケース

ご愛蔵にぴったりの、木製収納ケースに入れてお届けします。

「三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻」は、通販限定のため、一般の書店・CDショップでは一切お求めになれません。この機会にぜひお求めください。
  • 今すぐご注文の手続きへ
三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻
三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻
価格は月々
1,980×16回
分割払価格 31,680円
一回の分割払金 1,980円
支払回数 16回
支払期間 16ヶ月
一括払価格 29,800円
  • ※ 価格はすべて税込みです。
  • ※ クレジットカード決済の場合は、一括払いのみとなります。
  • ※ 郵便局・ゆうちょ銀行・コンビニ支払いの際には、払込手数料が別途かかります。
お届け時間帯のご指定可 お届け日・お届け先のご指定可
※クレジットカード決済の場合

『三代目 古今亭志ん朝全集 CD全12巻』商品仕様

CD
全12巻(全23演目収録) / 各巻平均収録時間約62分 / 全演目モノラル音源
企画・制作・発行
エニー / 日本音声保存
音源提供
日刊スポーツ新聞社
販売
ユーキャン
  • 1巻ごとの分売はいたしておりません。
  • すべて歴史的、文化的に貴重な音源を使用しているため、一部オリジナルマスターテープに起因するノイズ等がございますが、ご了承ください。

登録されたレビューはありません。

商品検索

ページの先頭へ

ユーキャン通販ショップトップ / はじめての方へ / よくある質問 / お問合せ / 会社案内 / 
特定商取引法に基づく表示 / 個人情報保護方針 / サイトマップ / アフィリエイトについて

  社団法人 日本通信販売協会 オンラインマーク