全商品送料当社負担でお届けします。

  • 三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚
  • 三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚

    今すぐ商品のご注文手続きへ
この機会にぜひお求めください。
  • 今すぐご注文の手続きへ

三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚

三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚
価格は月々
1,980×16回
分割払価格 31,680円
一回の分割払金 1,980円
支払回数 16回
支払期間 16ヶ月
一括払価格 29,800円
  • ※ 価格はすべて税込みです。
  • ※ クレジットカード決済の場合は、一括払いのみとなります。
  • ※ 郵便局・ゆうちょ銀行・コンビニ支払いの際には、払込手数料が別途かかります。
お届け時間帯のご指定可 お届け日・お届け先のご指定可
※クレジットカード決済の場合

豪華で多彩な落語家が大集結。こんなに粋な落語会があったなんて! 笑って笑って、ちょっぴり泣ける…。至高の話芸を心ゆくまでご満喫あれ! 三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚

豪華で多彩な落語家が大集結。こんなに粋な落語会があったなんて!

豪華で多彩な落語家が大集結。こんなに粋な落語会があったなんて!

あの老舗百貨店、日本橋三越本店内の三越劇場にて、65年もの歴史を刻んできた「三越落語会」。
さまざまな落語会が行われている中でも最も長い歴史と伝統、そして格式の高さを誇ります。
落語家にとって憧れの場所であり、多くの偉大な落語家たちが自慢の話芸を披露してきた高座では、数多くの上質な笑いが生み出されてきました。

その「三越落語会」の貴重な音源を集めてCD化した愛蔵版コレクションが『三越落語会傑作選』です。小さん・志ん朝・談志といった稀代の落語家から、お茶の間の人気者、全国各地の高座で人気を集める実力派まで、個性あふれる噺家30名が勢ぞろい。珠玉の名演32席は、すべて初出し音源です。
この特別な劇場を笑いに包む唯一無二の話芸を思う存分お楽しみください。

豪華で多彩な落語家が大集結。こんなに粋な落語会があったなんて!

豪華で多彩な落語家が大集結。こんなに粋な落語会があったなんて!

お江戸・日本橋で繰り広げられた名演の数々をCDとDVDで! 三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚

長い歴史の中で輝く傑作揃いのCD13巻。

これまで三越落語会で演じられた高座で音源が残る作品の中から、選りすぐりの30演目をCD13巻に収録しました。しかも、すべて初CD化です。
古今亭志ん朝や立川談志などの大変貴重な音源や桂歌丸の味わい深い名人芸のほか、文化庁芸術祭賞を受賞した高座も収録。
音源は、劇場の観客の笑い声も聞こえてくるライブ録音ですから、まるで目の前で高座を聴いているかのような臨場感をご自宅で体験できます。

古今亭志ん朝

三代目 古今亭志ん朝「江戸落語最後の継承者」とも言われた古典落語の名手。天性の心地良い声と明るい口調で、多くの観客を巧みに噺の世界に誘いました。

劇場の空気を変える技が甦るDVD1巻。

今では見ることの叶わない、三代目三遊亭圓歌と桂歌丸の高座2席をDVDでご覧になれます。
劇場の空気を的確に掴み、客席と一体となった笑いを演出する圓歌と、場面転換が難しい作品で登場するさまざまな身分の登場人物を艶やかな所作と口調で見事に演じ分ける歌丸。
2人の会場全体を惹きつける巧みな技術が貴重な映像から味わえます。

三遊亭圓歌 桂歌丸

桂歌丸(左)艶のある所作や語り口、『笑点』での活躍で広く国民から愛されました。落語芸術協会会長を長年務め、名実ともに落語界を牽引しました。三代目 三遊亭圓歌(右)前名・歌奴時代に爆笑王として大人気に。明るい芸風で一世を風靡しました。

三越劇場と三越落語会 三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚

「三越劇場」は、1927年(昭和2年)に日本橋三越本店6階に開設された、日本初の百貨店内劇場です。荘厳な劇場内装飾が特徴で、常に最先端かつ上質な舞台芸術を上演する“文化の発信地”です。2016年(平成28年)には重要文化財の指定を受けました。

「三越落語会」は、三越劇場で1953年(昭和28年)から続く、日本で最も歴史の長い落語会です。落語の保存・発展を目的に始まり、名人から若手まで、また古典と新作の分け隔てなくバラエティに富んだラインナップで、600回を超える公演を重ねてきました。

三越劇場と三越落語会

稀代の名人から若手実力派まで、珠玉の30名32席を集大成! 確かな実力と個性が織り成す話芸に、大笑い必至! 三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚

五代目柳家小さん

第1巻

  1. 五代目柳家小さん「一人酒盛り(ひとりさかもり)」32分 1994年9月29日
  2. 三代目柳家権太楼「蜘蛛駕籠(くもかご)」32分 2002年11月22日

「一人酒盛り」は小さんの十八番。喉を鳴らしてお酒を飲んだり、次第に酔いを深めていく演技が秀逸! 細かい部分にまで気を配って練り上げた芸に、自然と笑いがこぼれます。
権太楼の「蜘蛛駕籠」は、持ち前のコミカルな表現でマクラから派手に演じ、最後まで笑いが止まりません。

四代目桂米丸

第2巻

  1. 四代目桂米丸古城一兵作(こじょういっぺいさく) せんたく物」27分 2006年7月7日
  2. 桂歌丸「藁人形(わらにんぎょう)」34分 2008年11月11日

米丸の「せんたく物」は、マクラでまず自身の近況など多彩な話題で一気に笑いの空気を作り、本題でさらに爆笑の渦に巻きこみます。
歌丸演じる怪談めいた古典「藁人形」は、音曲を入れ芝居がかりに。メリハリを効かせつつ落ち着いた語り口で、あっという間に噺に引き込まれます。

初代古今亭志ん五

第3巻

  1. 三代目古今亭志ん朝「酢豆腐(すどうふ)」47分 2001年7月16日
  2. 初代古今亭志ん五「錦の袈裟(にしきのけさ)」21分 2003年9月24日

「酢豆腐」は、志ん朝が持ち味を遺憾なく発揮した名演です。登場人物や場面転換の多い噺ですが、志ん朝が繰り出す江戸っ子たちの弾むような会話に、何度も笑ってしまいます。
「錦の袈裟」は、志ん五が生みだした強烈なインパクトのある与太郎キャラに大笑いすること請け合いです。

七代目立川談志

第4巻

  1. 七代目立川談志「ぞろぞろ」29分 1994年9月12日
  2. 立川左談次「阿武松(おうのまつ)」24分 2016年11月24日
  3. 立川志らく「洒落小町(しゃれこまち)」17分 2007年7月13日

談志の「ぞろぞろ」は、当日他の噺家の演目を受けてサゲを差し替えた、ここでしか聴けない奇抜な噺です。
左談次、志らくも得意演目を収録、立川流の本領を存分に満喫できます。

三代目三遊亭遊三

第5巻

  1. 三代目三遊亭遊三「子別れ(こわかれ)」30分 2002年5月21日
  2. 三遊亭小遊三「猫の災難(ねこのさいなん)」31分 2013年7月12日

「子別れ」の後半、再会した親子・夫婦の心の機微に重点を置いた演出は、八代目桂文楽など当時の大看板のもとでも学び、人情噺を得意とする遊三ならではです。
「猫の災難」は、小遊三が自身の芸風を活かしてスピード感ある小気味よい口調でテンポよく演じ、客席を沸かせています。

古今亭菊之丞

第6巻

  1. 二代目古今亭圓菊「火焔太鼓(かえんだいこ)」30分 1995年3月23日
  2. 古今亭菊之丞「幾代餅(いくよもち)」32分 2010年12月28日

「火焔太鼓」では、圓菊がマクラから江戸の物売りのネタなどの小話を早いテンポで畳みかけるように繰り出し、笑いの連鎖を生みます。
古今亭のお家芸「幾代餅」でも、菊之丞が人情味溢れる物語をさらりと演じつつ随所でくすぐりを効かせ、師匠譲りのサービス精神を見せています。

入船亭扇遊

第7巻

  1. 九代目入船亭扇橋「田能久(たのきゅう)」38分 2001年9月21日
  2. 入船亭扇遊「不動坊(ふどうぼう)」29分 1996年6月28日

滋味溢れる扇橋は、「田能久」のような民話調の噺に定評があります。物語が淡々と進む中、老いたうわばみ(大蛇)ににじむ凄みに注目です。
一方、歯切れの良い口調で華のある扇遊の「不動坊」はかつて芸術祭賞を受賞した演目で、マクラから威勢よく始めて観客の心を引き寄せます。

林家こん平

第8巻

  1. 林家こん平「ピンポンラリー」22分 1999年10月29日
  2. 林家たい平「崇徳院(すとくいん)」30分 2004年5月2日

「ピンポンラリー」は、こん平が自身の体験を面白おかしく語っており、エッセイのように気楽に楽しめます。
「崇徳院」は、普段は元気なたい平が弱々しい若旦那を演じるところにおかしみがありますが、それが意外と“ニン”が合っています。
※ニンが合う…演者と役柄がぴったり合うこと。

柳家喬太郎

第9巻

  1. 柳家さん喬「芝浜(しばはま)」49分 2007年11月8日
  2. 柳家喬太郎「抜け雀(ぬけすずめ)」27分 2016年7月15日

「芝浜」は物語の後半にバリエーションがある人情噺ですが、さん喬は子どもを登場させ、終盤の夫婦のやり取りや男の台詞を一層胸に迫るものにしています。
「抜け雀」も古典落語ですが、喬太郎は登場する宿屋の主人に独自の細かいアレンジを加えて、新たな笑いを生み出しています。

春風亭一朝

第10巻

  1. 春風亭一朝「掛取り(かけとり)」30分 2013年12月28日
  2. 春風亭一之輔「三方一両損(さんぽういちりょうぞん)」24分 2012年7月13日

「掛取り」では、一朝の威勢のよい本格派の江戸言葉や芝居台詞といった多彩な芸が飛び出し、客席は拍手喝采で応えます。
十代目・柳家小三治に実力を買われて21人抜きで真打昇進を果たした一之輔は、「三方一両損」で一朝譲りの威勢とテンポの良さで観客から笑いを誘っています。

十代目鈴々舎馬風

第11巻

  1. 四代目三遊亭金馬「佃祭り(つくだまつり)」32分 2003年9月24日
  2. 八代目橘屋圓蔵「穴どろ(あなどろ)」22分 2001年10月26日
  3. 十代目鈴々舎馬風「禁酒番屋(きんしゅばんや)」22分 1997年11月18日

代々受け継がれてきた名跡にふさわしい芸風を踏襲しつつ、マクラやサゲなどに自分なりの色を加えることで、名跡に合った新たな芸風と笑いを作り出しています。

十代目桂文治

第12巻

  1. 三代目三遊亭圓歌「坊主の遊び(ぼうずのあそび)」27分 1997年1月29日
  2. 十代目桂文治「長短(ちょうたん)」18分 2000年1月27日
  3. 六代目三遊亭円楽「ねずみ」32分 2012年9月21日

襲名後も精進を重ねて、落語史に残る偉大な名跡をさらに大きくした3人の落語家。三越落語会の高座でもその実力を披露した1席をお楽しみください。

六代目五街道雲助

第13巻

  1. 六代目五街道雲助
    「鰍沢(かじかざわ)」芸術祭賞受賞29分 2009年11月6日
  2. 九代目春風亭小柳枝
    「二番煎じ(にばんせんじ)」芸術祭賞受賞22分 2013年11月8日
  3. 九代目林家正蔵
    「しじみ売り(しじみうり)」芸術祭賞受賞23分 2015年11月6日

三越落語会では、その長い歴史の中で数多くの文化庁・芸術祭賞受賞作が生まれました。その中から本全集では、味わい深い描写が際立つ3席をお楽しみいただけます。

三代目三遊亭圓歌 桂歌丸

特別付録DVD

  1. 三代目三遊亭圓歌「圓歌の道標(えんかのみちしるべ)」24分 2012年12月28日
  2. 桂歌丸「紺屋高尾(こうやたかお)」34分 2012年5月6日
  3. 特別インタビュー六代目三遊亭円楽
    三越落語会の思い出、圓歌・歌丸への想い、など。
  4. 特別映像日本橋・三越劇場の歩み

うれしい2大付録もお手にできます! 三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚

付録① 特別鑑賞誌

本全集のために特別に制作された鑑賞の手引きです。収録されている噺家や演目の解説はもちろん、三越落語会や三越劇場の歩みを、噺家の座談会や歴史的資料を交えてご紹介します。

A4・80ページ

【収録内容】
◆お江戸日本橋の文化と日本橋三越本店の歴史
◆三越落語会と三越劇場の歴史
◆現役噺家による座談会(柳家さん喬/古今亭菊之丞/聞き手:橘右橘)
◆歴代噺家による演目案内「感どころ」
◆収録全演目解説 など

特別鑑賞誌

付録② 収納ケース

CDとDVDの計14巻をまとめて収納できる特製ケースです。大切なコレクションを末永くお楽しみください。

  • 今すぐご注文の手続きへ
三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚
三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚
価格は月々
1,980×16回
分割払価格 31,680円
一回の分割払金 1,980円
支払回数 16回
支払期間 16ヶ月
一括払価格 29,800円
  • ※ 価格はすべて税込みです。
  • ※ クレジットカード決済の場合は、一括払いのみとなります。
  • ※ 郵便局・ゆうちょ銀行・コンビニ支払いの際には、払込手数料が別途かかります。
お届け時間帯のご指定可 お届け日・お届け先のご指定可
※クレジットカード決済の場合

『三越落語会傑作選 CD13枚+DVD1枚』 商品仕様

CD
13枚(全30席)
DVD
1枚(全2席他)
総収録時間
962分
監修・寄席文字
橘右橘
制作
宝島ワンダーネット
制作協力
株式会社三越伊勢丹ホールディングス
販売
ユーキャン
  • 32演目すべてモノラル録音です。
  • 商品デザイン等は変更する場合があります。
  • 1巻ごとの分売はいたしておりません。
  • すべて歴史的、文化的に貴重な音源を使用しているため、一部オリジナルマスターテープに起因するノイズ等がございますがご了承ください。
  • カメラマン・写真:横井洋司(桂文治のみ写真:関口秀実)
  • ©日本橋三越本店/三越落語会

登録されたレビューはありません。

商品検索

ページの先頭へ

ユーキャン通販ショップトップ / はじめての方へ / よくある質問 / お問合せ / 会社案内 / 
特定商取引法に基づく表示 / 個人情報保護方針 / サイトマップ / アフィリエイトについて

  社団法人 日本通信販売協会